有機溶剤作業主任者とは、有機溶接作業などに関する知識などを有するかどうかを試すための資格試験で、国家資格とされています。 各種製造工場やマンホール、タンクの内部など、通風の悪い場所で有機溶剤を使って作業・製造する場合には、人体への汚染あるいは吸入の危険がある。 有機溶剤作業主任者技能講習終了しました。 できれば過去問があればよかったのですがネットでいろいろ見ると普通に聞いてればまず合格する、と言う意見が多数だったので安心していました。 実際は、 実は昨日の講師の人は問題に出るところを教えてくれて、ここは覚えるように! ・有機溶剤作業主任者って? 有機溶剤作業主任者とは、 労働安全衛生法 という法律によって規定された作業主任者の資格です。 資格の種類としては国家資格であり、 技能講習 というものに区分されています。 免許>技能講習>特別教育 というような区分になっています。

有機溶剤作業主任者(ゆうきようざいさぎょうしゅにんしゃ)は、労働安全衛生法に定められた作業主任者(国家資格)のひとつであり、有機溶剤作業主任者技能講習を修了した者の中から事業者により選任される。. 有機溶剤作業主任者技能講習に参加してきました。昨日と今日の2日間でした。 1日目(昨日)は、受付が8時半なのでかなり早めに行ったら、会場に一番乗りでした。 有機溶剤作業主任者とは、閉鎖された空間内での有機溶剤による身体的な被害防止の指揮・監督を行い、労働安全衛生上の労働者の衛生の確保にも配慮する、有機溶剤を使っての作業を安全に進めるために指導する責任者です。 第一種衛生管理者の試験に向けた覚え方のコツを紹介‼この項目、衛生管理体制は第一種衛生管理者の試験項目のなかでも試験に出やすい重要な項目だと思います。実際勉強して試験に合格した感想をご紹介 … 有機溶剤作業主任者の講習は、2日間の座学を行い最終日に試験を行う 試験は1問5点 20問出題されて100点満点中60点以上 各出題範囲の正解率が50%以上が必要で、50%を割ると不合格となるそうです