幼児期の発達障害・知的障害の特徴です。幼稚園や保育園の、小学校入学前の子供の発達障害の特徴です。 この幼児期は、知的障害を伴う発達障害が発見されやすい年代です。もしかしたら発達障害かも?、と思ったら、子供の特徴をよく見て、様子を観察していきましょう。 自分の子供が他の比べてどのように成長しているのか?これからどのようなことを覚えていくのか?など、 2歳のお子様をもつママたちが気になる情報について まとめました。 2歳7ヶ月の娘が3日前に療育センターでテストした結果、軽度の知的障害という事が分かりました。つい先程まで私は勘違いをして軽度の発達障害だと思い込んで色々と調べていたので少し希望を持ちながら前向きでいられました。でも知的障害 実際に知的障害がある方と接したことがある人が少ないのではないかと思います。接した人も知的障害はどのような症状があり、対応していいのかわからない人が多いと感じています。今回は、知的障害のことをより深く知ってもらい、簡単な支援の方法を記載しておきます。 2歳児の男の子、女の子別の発達・発育・特徴を見ていきましょう. 2歳児の特徴といえば、最も自我が発達してくる時期です。もちろん0歳児や1歳児とは違ってできることもどんどん増えてくる成長著しい年齢であることは間違いありませんね。 知的障害(発達期に生じる障害であり、知的能力全般(判断・理解・記憶・思考・知覚)の発達が遅れた水準に留まり、社会生活への適応に支障が出た状態)の概要、原因、分類、知的障害と分かる時期、知的障害と発達障害や認知症の違いについて解説しています。 知的障害とは、心身の発達期(概ね18歳まで)に現れた、生活上の適応障害を伴う知的機能障害のため、医療、教育、福祉等の援助を要する状態を指します。 1)発達期(概ね18歳まで)の障害であること; 2)知的機能障害があること