Excelのグラフ機能は、セルに羅列されている数値の変化を可視化するために利用されます。グラフの種類は約60種あり、今回はその中でもよく利用される円・折れ線・棒グラフの3つの作り方と、様々な編集方法をお伝えします。

Excel(エクセル)では、シートに入力されたデータから簡単にグラフを作成できます。 エクセルでのグラフの作成手順および各要素の変更・修正方法などを間違いなく簡単に実行できる方法として、グラフツールバーからの操作方法で主に説明しています。 itオタクのアキラです。 エクセルで印刷すると「図やグラフがずれていた」なんてことがありますよね。. 横棒グラフなら長い棒が上に、縦棒グラフなら長い棒が左に来るようにしましょう。そうすれば、横書きの文章を読むときの目の動きと一致して、自然に感じられます。(言語の種類や文の方向によっては、順番が異なるかもしれません)。 エクセルは昔から 『印刷に弱い』 なんて言われていますが、ほんとその通りだと思います…. 縦棒グラフのように、左にある横軸を反転させたい場合は、縦軸の系列名の文字上で右クリックします。 ※マウスの下に「縦(項目)軸」と表示されたのを確認してから右クリックしましょう。 グラフを選択して「グラフツール」-「レイアウト」-「軸」-「第2横軸」-「左から右方向で軸を表示」を選択。 (この操作で折れ線グラフが全て表示されるようになります) 15 できた第2横軸を先ほどのように右クリックで選択して「軸の書式設定」をクリック。 縦棒グラフを、そのまま横に並べたい場合は、Excel(エクセル)で第2軸を使用した縦棒グラフを横に並べる方法をご覧ください。 目盛りの単位に関しては、 Excel(エクセル)でのグラフの作り方⑥|単位を表示して、「人」「円」「mm」などに変更する方法 。 エクセルで、誰でも簡単にクオリティーの高い円グラフを作る方法を、画像で手順を追いながら丁寧に解説していきます。これを読めば、プレゼン資料などをぐっと魅力的なものに仕上げることができます。営業などをやっている人も必読です。