特に、夏と冬の一定期間しか使わないエアコンは、コンセントを抜きやすい家電です。 機種にもよりますが、エアコンは待機電力を多く使う電化製品で、 1 時間に約 2.4w を消費すると言われています。 半年間コンセントを抜いたとしたら、 エアコンを取り付けるときに確認しなければいけないポイントはいくつかありますが、中でも忘れがちなのが「コンセント」のチェックです。 意外と知られていませんが、実はエアコンの電源プラグを繋げるためには、エアコン専用のコンセントを使わなければいけません。 エアコンの設置をしている業者の中には、「エアコンのコンセントは専用回路でないといけないと法律で決まっている」などと説明してくる方もいるらしいんですが、こんなのは大ウソです。 長期間エアコン使わないなら待機電力があるから抜いたほうがいいです。 使っていないのに電源を抜かないほうがいい家電製品なんて冷蔵庫くらいなものですよ。 ナイス: 0 この回答が不快なら エアコンは季節によって使う時期と使わない時期があります。 エアコンを使用しない時期に電源プラグにコンセントをさしたままにしていると、電源を入れてなくても待機電力といって電気を使っている状態になってしまいます。