「麦門冬湯」と「ダスモックa(清肺湯)」ともに、せき止め・痰切りの薬として使用されます。 この2商品の違いについては、用法・用量の欄を確認ください。 「麦門冬湯」の用法・用量には“痰の切れにくい咳”という記載があります。 桔梗湯に配合されている生薬は、桔梗と甘草の2種類で、桔梗には痰や化膿を取り除く効果があり、甘草には炎症や痛みを和らげる効果があります。この2つが同時に働くことで、扁桃炎や扁桃周囲炎の症状を和らげます。 桔梗湯を服用時の注意点

スポンサーリンク 関連記事.

桔梗湯と麦門冬湯 もよい飲み合わせです。 ただ、これらの薬は混ぜて飲むのではなく、 別々に飲んだ方がよいでしょう。 鎮痛薬のカロナールやロキソニン、 イブプロフェンなども、 桔梗湯と同時服用でも副作用はなかったようですね。

→麦門冬湯 副作用は食欲不振や胃に不快感がする、むくみや脱力感、手がこわばる、血圧の上昇、おしっこが少ない ... →桔梗湯. 風邪とインフルエンザ見分け方【関節痛と寒気で同時 …

ノドが痛いなら桔梗湯(ききょうとう)、乾燥して咳が出れば麦門冬湯(ばくもんどうとう)です。 この2つを同時に飲むと6割、7割の方は治ります。 これでダメな時は、喘息に準じた治療を同時に行うこ …