アルファード30系(後期・前期)タイヤサイズ・ホイール交換とカスタム化のポイント! アルファード 30系 テールランプ交換とパーツ(テールランプカバー)でイメチェン! アルファードハイブリッドの故 … 車を購入する際に悩むことの多いグレード選び。実際にカタログを見たり試乗をしたりしてグレードごとの特徴をとらえるのは手間もかかりますし、そう簡単なことではありません。ここではアルファードのグレードごとに特徴について紹介します。 トヨタ アルファード の公式サイト。快適なスペースや、外観、安全性能、コネクティッドサービス、走行性能などの機能紹介をはじめ、見積りシミュレーション、試乗予約などができます。 30系後期 アルファード ・ ヴェルファイア では、車内にアクセサリーコンセントやオーディオ入力端子が設定されておりとても便利です。しかし、グレードやオプション装備によって、設定の有り無しが違ってきますので、この記事でまとめておきます。 アルファード30系は2015年1月に販売開始されていて、2017年にはマイナーモデルチェンジが行われて後期モデルが販売開始されました。 30系は前期、後期で様々なグレードが用意されていて、前期モデルと後期モデルでは、大きく変更が加えられた部分などもあります。 アルファード ハイブリッドの最上級グレードである「HYBRID Executive Lounge S」は、後期型へのマイナーチェンジで追加されたグレードで、ガソリンモデルと同様にハイブリッドモデルでもエグゼクティブラウンジが追加され選択の幅が広がりました。 アルファードの最高グレードはハイブリッド エグゼクティブラウンジ s. 車両本体価格 775.2万円 値引き 35万円 追加オプション 50万円 ハイブリッド エグゼクティブラウンジ sの乗り出し価格 約787万円.