この記事では大量データから検索を行う vba を作成して、その実行時間を検証します。 なるべく高速で検索出来るようにバイナリサーチのアルゴリズムなどを調べて作成しました。 この記事では下の①〜②の実行時間を調べました。 ①自作vlookup関数での検索

まず、検索用のデータと、参照先のデータを配列に格納します。 次に参照先の配列から、複数条件の文字列を「&」で結合しDictionaryのKeyに追加します。 「Dictionary」の使い方は「Excel VBA Dictionaryの使い方」をご覧ください。
エクセルのVBAを使ってデータ検索を行うプログラムを作っています "Sheet2"は下記のように、A列に生年月日、B列に住所、C列に電話番号、D列にメールアドレスが入力されています 【Sheet2】 使うVBAコードは FindNextメソッド で、Findメソッドで設定した検索条件で連続して検索を行います。 引数「After」で設定したセルの次のセルから検索を行ってくれて、検索内容の含まれるセルをRangeオブジェクトで返してくれます。 使うVBAコードは FindNextメソッド で、Findメソッドで設定した検索条件で連続して検索を行います。 引数「After」で設定したセルの次のセルから検索を行ってくれて、検索内容の含まれるセルをRangeオブジェクトで返してくれます。


1.複数条件のVLOOKUPを高速で処理する方法. パソコン通信時代に書いた、この「vba高速化テクニック」の中で、間違って伝わっているな~と感じていたのは、冒頭の「画面を止める」と、これ「配列を使う」です。 90年代のパソコンはスペックが低 … 大量データ同士のVlookup処理は、非常に時間のかかる処理となります、マクロVBAで、これを高速に処理する方法について、VBAコードを示し解説します。ワークシート上の関数の場合 シートに関数を入れる場合は、以下を参照してください。【奥義】大量データでの高速VLOOKUP 以下の表で検証します。 一番苦労するのが、シート内の膨大なデータから特定の文字列を検索するときです。例えばデータ数が1万行もあれば、検索にすごく時間がかかってしまいます。今回はこれを超高速にする方法を紹介します。 特定の範囲内から条件に当てはまるセルを検索するにはFindメソッドが便利です。本記事では全文一致・部分一致での検索はもちろん、複数セルを検索するFindNext, FindPreviousメソッドも解説します。

マクロvbaが遅い・重いという相談が非常に多いので、遅い・重いマクロvbaを高速化・速度対策する場合の具体的な手順をここに解説・検証します。マクロvbaの速度に関する記事は既にいくつか書いています。特に、以下はぜひお読みください。 Excel VBAでVLookupのような処理を実装するにあたり、同じ処理を行うのであれば他にも方法があると思えたので、それぞれコードを書いて速度を比較してみました。 条件1 対象とするExcelブック①. Q エクセルVBAで複数の条件を満たす検索方法. パソコン通信時代に書いた、この「vba高速化テクニック」の中で、間違って伝わっているな~と感じていたのは、冒頭の「画面を止める」と、これ「配列を使う」です。 90年代のパソコンはスペックが低 … エクセルマクロで大量データを処理すると、マクロの処理が遅かったり、重くなってしまったりします。 たとえば、1000行を超えるデータを扱うとなると、処理に10分以上かかってしまうこともあります。 この記事では、エクセルマクロのプログラムを高速で処理する方法を紹介します。