「建築士法」の全条文を掲載。任意のキーワードで条文を全文検索できるほか、印刷用に最適化されたレイアウトで必要な部分だけを印刷可能。目的の条文を素早く確認できるリンク機能や括弧部分の色分け表示機能も。スマホにも対応。 建築士による耐震偽装に関連した重要判例です。その建築士や登録事務所の免許取消処分が争われました。社会への影響は、大であったにも係らず、免許取消処分は、違法として、その処分自体が取消の結果となりました。法が守ろうとしたことは、行政手続の適正でした。 一級建築士の懲戒処分について 平成28年9月8日 一級建築士に対し、建築士法第10条の規定により、中央建築士審査会(8月31日開催)の同意を得て、別紙1のとおり免許取消処分及び業務停止処分(8月31日付け)を行いましたので公表します。 どうもひっかかる行政判例のひとつです。最高裁でも、結論が割れた模様。結論に賛成3、反対2。耐震偽造を犯した一級建築士の免許取消処分を取り消してまで、手続きの重要性をとるべきことを本判決は示唆しました。判決理由は、法廷意見のみ掲載します。 小屋裏などの界壁施工不備、外壁の大臣認定不適合、天井部の耐火性能不足─。2018年4月以降、相次いで発覚したレオパレス21の施工不備問題を受けて、国土交通省は19年12月13日、同社に所属する一級建築士3人の免許を取り消した。一連の問題で行政処分が下されたのは初めて。 前科があると2級建築士の資格の取得が困難だとききました。法律には「与えないことがある」とのっていたのですが、10年以上前、薬物でつかまって2年刑務所にはいっていた場合の人でも2級建築士が取得できる方法があったら教えてくだ 建築士法第9条第1項の規定により、大阪府知事が免許を取り消した建築士について掲載しています。(取り消した日の属する年度を初年度とし5ヶ年度間掲載しています。)(本ページの無断転載・ その他(法律) - 建築士法上に下記の法令があります。 (第七条) 次の各号のいずれかに該当する者には、一級建築士、二級建築士又は木造建築士の免許を与えない。 三 禁錮以上の刑に処せられ、そ 建築士の家族が刑事事件で捕まった!そんな悩みもご安心を。逮捕後の流れや免許取り消しについてなど、特に気がかりですよね。ここでは、刑事専門弁護士が、「建築士」が「刑事事件」で疑われた場合のはじめの対応と正しい知識を解説しています。 建築士法上に下記の法令があります。(第七条) 次の各号のいずれかに該当する者には、一級建築士、二級建築士又は木造建築士の免許を与えない。 三 禁錮以上の刑に処せられ、その刑の執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつ 免許の取消し処分を受けた建築士は、絶対的欠格事由として5年間(平成18年の建築士法改正 前は2年間)再免許が認められないこととする見直しが行われました。 また、建築士の業務停止処分及び免許の取消し処分に際しては、聴聞が行われ(建築士法第10 前科があると2級建築士の資格の取得が困難だとききました。法律には「与えないことがある」とのっていたのですが、10年以上前、薬物でつかまって2年刑務所にはいっていた場合の人でも2級建築士が取得できる方法があったら教えてくだ 建築士法(昭和25年法律第202号)第9条第1項の規定により,建築士の免許を取り消したので,同法第9条第2項の規定により,次のとおりお知らせします。